Slide 1

住まいの主治医からの処方箋

病気にならないための
住まいづくり
Image is not available

寒いお風呂や、つまづき・転倒など、
家庭内の事故でなくなる方は、年間1万人以上。

交通事故の死亡者数より多いのです。

Slide 2

私が伺います!

住まいの主治医に
お任せください!
Image is not available

住まいの主治医として、
健康に長生きできる住まいづくりをご提案。

社長の西山は生まれも育ちも横須賀で、
ずっと建築の仕事に携わっています。

Slide 3

新築・リフォーム

新築のご相談も
お任せください!
Image is not available

耐震・断熱の住まい
地形や周辺環境を活かした愛着を持てる住まい。
末永く健康に暮らせる住まいをご提案いたします。

詳しい事例をご覧ください。

previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow

横須賀市近隣の
新築・リフォーム・建て替え

横須賀市、三浦市、葉山町など横須賀市近隣のリフォーム、建て替えなら株式会社住まい工房にお任せください。

補助金のご相談Air断抗菌住宅もぜひご相談ください。

News

最新ニュース

New construction

新築

無垢のフローリングや湿度を調整する珪藻土塗り壁など、自然素材を第一に、建てたお客様の生活を第一に考えた住まい工房の建築です。

確かな技術力があるからこそ、抗菌・耐震・地盤調査・地盤改良まで、全て住まい工房にお任せください!

住まい工房の
モデルハウス
Read more
抗菌住宅
ニルバクリーン
Read more
耐震構造
コーチパネル
Read more
地盤調査
地盤改良
Read more

Renovation

リフォーム

リフォームは「家を新しくする」だけではなく、「命にかかわる危険を解消する」ものです。高齢化がすすみ、家の寒さや段差で命を落とす人が増えていて、交通事故で亡くなる人数よりお風呂で亡くなる方のほうが多いというデータもあります。

安全に健康で長生きしていただくため、「住まいの主治医」として小さなことからなんでも相談してもらえるよう、横須賀を中心に地域密着で対応しています。

火災保険でまかなえる工事や、国の補助金、介護保険でできる工事もたくさんあります。
費用についても一緒にご相談していきましょう。

自然素材で健やかに

無垢の木はメンテナンスが大変では?と思う方も多いと思います。お客様の生活スタイルやご要望に合わせて、適切な材料や施工方法をご提案させていただきます。

耐震リフォーム

地震のたびに建築基準法の見直しが行われてきましたが、もういつ来てもおかしくないと言われている首都直下型地震、南海トラフ地震にむけて、できるだけ早く準備をする必要があります。

断熱で健康・長生き

断熱ができていないと冬は暖かい空気が外に出てしまい、家の中の温度差が発生しやすくなります。
特に人がおらず暖房をつけていない部屋はとても室温が低くなってしまい、ヒートショックにつながります。

バリアフリーで転倒防止

バリアフリーが提唱されて住宅介護改修制度も充実してきていますが、認定を取らないと使えません。
介護保険対象外の高齢者の方に転ばぬ先の杖を提案していきます。

外装リフォーム

屋根や外壁は、常に日光や風雨にさらされる場所。近年、強大化している台風に備えるためにも、定期的なチェック、メンテナンスが大事です。
屋根や外壁の状態に合わせた最適なリフォーム方法をご提案します。

3Dでシミュレーション

住まい工房では、平面図・立面図だけでなく、無料で3Dパースを作成してご提案しています。
建物の外観だけでなく、インテリアや庭のイメージなどもパースを使って分かりやすくご説明します。

畳・襖・障子・網戸の張替え

畳の張替え、破れた襖、障子の張替えも、汚れた網戸の交換もお引き受けしております。
プロに頼むことで、より一層の仕上がりにご満足いただけます。

家じゅうの困りごと

お家の棚の取り付けから、外構工事はもちろん、雨樋のお掃除、鍵穴の交換や修理もお引き受け致します。
住宅に関わることならぜひご相談ください!

Construction

施工事例

「子供が出ていったので間取りをかえたい」「同居をはじめるので二世帯にしたい」「定年後に備えて安全な住まいに改善したい」「空き家を活用したい」「庭の物置きを修繕したい」など、様々なご要望に対し、お客様の声をしっかり聴きながら、20年、30年たったときに後悔しないよう、プロとしてのアドバイスを差し上げます。

Access

アクセス

すまいる通信

2ヶ月に1回更新しています。

すまいる通信36号(2022年6月)
すまいる通信35号(2022年5月)
すまいる通信34号(2022年3月)